怪我をしたとき、医療保険が役立ちました

医療保険に加入していてよかったと思ったことは、これまでに何度かあります。まず、低温やけどをしてしまったときに、手術と通院が続いたときです。当初は薬を塗ってやけどが治っていくのを待っていたのですが、症状がひどく、結果的には手術することになってしまいました。手術は日帰りでしたが、消毒などの処置のために毎日通院していました。このとき、加入している医療保険が役立ちました。保険金の請求をすると、1週間ほどで銀行口座に保険金が振り込まれて、通院でかかった治療費を補うことができました。自分が実際に大きな怪我をして手術したことで、完治するまで治療を続けると予想以上にお金がかかることがわかりました。そんなとき、医療保険に加入していれば、お金の心配をすることなく治療に通えることが改めてわかりました。また、母ががんと診断されたときも、加入していた医療保険のお世話になりました。これからがんの治療を始めるというときに保険金が受け取れたので、母はとても心強かったと言っていました。